HeartCore Robo



デスクトップ型のRPAツールです。
WindowsやIE依存といったツールが多いRPAツールの世界において
MacやChrome等でも使えるマルチOS/マルチブラウザ対応
強みとしたRPAツールです。
 

HeartCore Robo Desktop 5つの強み


                    止まらない、高度なロボット構築を実現する多彩な認識方式を標準搭載
                    マルチプラットフォーム/マルチブラウザの実現
                    ロボット管理ポータルの提供
                    リモートマシン上での操作
                    パワフルな開発ツール


マルチOS/マルチブラウザ対応のRPAツールなのでiOS上でも動作します

 

Yahoo! を利用した定期代最安値チェック
 

HeartCore Robo Desktopが選ばれる理由



環境にとらわれず導入可能

マルチOS/マルチブラウザ対応のRPAツールなので新たに専用PCを用意する必要はありません。空いたPCを有効活用して導入することができます。
月額モデルで安価にスタート

月額モデルで3ヶ月間からのお試し導入も可能です。導入効果を実感いただいたのち、適用範囲を広げていくことができます。
レコーディング機能で簡単ロボット構築

レコーディング機能も標準搭載しているので専門的なプログラミング知識がなくてもロボットを構築することができます。
レイアウト変更の多い
Web上での定型業務にも安心適用

画面上の座標だけでなくイメージでも画像解析を行うため、レイアウト変更の多いWebサイト上での定型業務にも安心して適用できます。
リモートアクセスにより
空いた資産を有効活用

社内環境で業務作業者のPCへリモートアクセスし業務管理者のみがロボット稼動させることができます。

 

ライセンス体系

   3種類のライセンス


ライセンス


HeartCore Robo開発版


HeartCore Robo実行版


Robo管理画面


ロボット構築


ロボット業務の実行



ロボットのステータス管理



※ご注意
最短契約期間は3ヶ月です。4ヶ月目からは1ヶ月単位での契約更新が可能となります。
Robo管理画面は1契約で10Roboまでの管理とします。
複数ロボットの同時実行をご希望の場合は、同時実行数分の実行版ライセンスが必要となります。

 

導入事例



お客様情報通信会社
導入部門経理部
導入担当者経理部、情報システム部
RPA化対象業務請求書と社内システムの連携
導入の決め手開発の容易さ、価格、Chromeブラウザへの対応
主な使用事例月初に届く請求書をデータ化し、納品書と照合します。
相違がある場合は経理担当者にメールで通知します。
合致すれば経理システムへ投入します。
経理担当者の入力ミスを防ぎ入力スピードも向上したことから、担当者の業務を大幅に軽減しました。
処理の流れ 1.取引先から月初に請求書が届く(郵送、PDF)
2.郵送分の請求書を経理担当者がOCRで読み込む
3.HeartCore RoboがExcelを自動起動
4.OCRで読み取った情報をHeartCore RoboがExcelファイルに自動転記
5. 所定のフォルダーにあるPDFファイルをHeartCore Roboが項番4のExcelファイルに自動追記
6.転記されたものに間違いがないか経理担当者が目視でチェック
7.間違いがあれば経理担当者が修正
8.間違いが無い状態になったら、HeartCore Roboが納品書とExcelファイルを自動照合
9.納品書と請求書の照合結果を、HeartCore Roboが項番4のExcelファイルに自動入力
10.照合結果が合わない場合、HeartCore Roboがその結果を経理担当者に自動メール送信
11.照合結果が合致したExcelファイルを、HeartCore Roboが所定のフォルダーに格納
12.HeartCore RoboがChromeブラウザを自動起動し、社内システムにIDとパスワードを使ってログイン
13.項番11のExcelファイルを元にHeartCore Roboが社内システムに自動入力
14.入力結果に間違いが無ければ経理担当者がOKボタンを押下し、システムに反映させる
15. 経理担当者が社内システムからログアウト
考察1.フォーマットが各社バラバラであったため、数十種類の画像パターンを作成しました。
2.OCRの精度の問題から目視が必要(項番6)となりました。
3.自動化が可能ですが念のため経理担当者のチェックを入れています。(項番6, 14,15)
  将来的には自動化が可能と考えます。

 

HeartCore Robo Seriesについてはこちらをご覧ください

HeartCore


 
HeartCore社のサイトはこちら